狂犬病予防接種を安く受ける方法!グルメクーポンやポイントも貯まる!

犬を飼っている方、ご存知かとは思いますが、狂犬病のワクチンは必ず接種しなければいけません。
狂犬病予防法という法律のもと飼い主が予防接種をすることが義務となっています。
毎年受けなければいけない予防接種、少しでも負担を軽くしたいな、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は狂犬病予防接種の料金を安く抑える方法を見つけたのでご紹介します。
どうすれば狂犬病の注射料金を格安にすることが出来るのか?
詳しく見ていきましょう。

狂犬病ワクチンの値段はいくらかかるの?接種期間はいつからいつまで?

狂犬病の予防接種は一般的に自治体が行う”集団注射”と動物病院でワクチンを注射してもらう方法に分かれます。
それぞれいくらかかるのか調べてみました。

狂犬病ワクチンを集団注射で打つ場合の料金


上の写真は私の自宅に届いた自治体からの集団注射についての案内ハガキです。
記載されている注射料金は2,600円
プラス「注射済票」というプレートを発行してもらうのに550円
合計で3150円が必要となります。
”犬鑑札”と”注射済票”は飼い犬に着けることが義務付けられています。
注射済票をもらったらわんちゃんの首輪に着けてくださいね。
犬鑑札と注射済票を首輪に着けることが出来るプレートがおすすめです。

集団注射で狂犬病注射をするメリット・デメリット

集団注射で狂犬病ワクチンを打つメリットとデメリットにはどんなものがあるでしょうか?
《メリット》
動物病院より安い
動物病院より早い
 (動物病院よりも待ち時間がなく早く終わります。)
自宅近くの会場があれば近い

《デメリット》
時間が決められている
(会場での開催時間は決まっているのでこちらが都合を合わせる必要があります。)
ついでに診察してもらえない
(集団注射は流れ作業のようにすぐ終わってしまうので診察はしてもらえないでしょう。)

狂犬病ワクチンを動物病院で打つ場合の料金


狂犬病ワクチンを動物病院で打つ場合、いくら位かかるでしょうか?
動物病院は値段がまちまちなのでかなり幅はありますが、一般的にはおよそ3000円前後です。
ワクチン料金のほかに初診料や再診料をとる動物病院もあります。
さらに注射済票の発行費用も掛かります。
なので、合計金額は4000円前後と予想できます。
集団注射よりも少し金額は高くなります。

動物病院で狂犬病注射をするメリット・デメリット

動物病院で狂犬病ワクチンを打つメリットとデメリットにはどんなものがあるでしょうか?
《メリット》
動物病院が好きなわんちゃんならストレスがかからない
(知っている場所でリラックスすることが出来ますね。)
ついでに診察してもらえる
かかりつけ医院なら飼い主も安心できる

《デメリット》
集団注射よりも高くなることが多い
待ち時間が発生する場合もある
動物病院が苦手なワンちゃんにはストレスになる

EPARKペットライフで狂犬病の注射料金が安くなるキャンペーンを実施中!

EPARKペットライフ経由で狂犬病予防接種を受けるとかかる費用をEPARKペットライフが補助してくれるんです。
詳しくはこちら
↑上記のキャンペーンは2019年4月30日で終了してしまいました。
でも、EPARKペットライフではお得なキャンペーンが随時開催されているので、現在キャンペーンが行われている可能性もあります。チェックしてみてください。

EPARKペットライフで狂犬病予防注射の受付をすると1000円分のグルメ特典がもらえる!

2000円分の補助が受けられるキャンペーンは終了してしまいましたが、実はまだお得なキャンペーンを開催中なんです。
全国のホームセンターなどに来る出張診療をEPARKペットライフからネット受付するとEPARKグルメで使える1000円分の特典がプレゼントされます。
キャンペーン期間は2019年6月2日(日)までです。

EPARKの狂犬病予防接種の出張診療って何?実は動物病院より安いんです!

EPARKペットライフからネット受付できる狂犬病の出張診療は”本間獣医科医院”という動物病院がホームセンターなどの駐車場にテントで会場を作り実施しています。

私も毎年お世話になっています。
なぜ私がかかりつけの動物病院ではなく、出張診療を利用しているかというと…いつもの動物病院より安いからです!
こちらの会場では狂犬病の予防注射を2000円で打ってもらうことが出来ます。

通常動物病院で打つと4000円近くかかるのでおよそ半額です。
診療費もかからないので注射代のみです。
お近くに会場がある方は是非キャンペーンに登録してお得に注射を受けましょう!
登録方法はEPARKペットライフのトップページにキャンペーン中のバナーが表示されています。

クリックすると登録画面に行くことが出来ます。

出張診療の狂犬病ワクチン接種はなぜ安いのか?

”本間獣医科医院”の出張診療はなぜ動物病院よりも安いのか?
気になったので調べてみました。
日本獣医師会という団体に所属していない為
日本獣医師会に入っている動物病院は料金を安くしたりは出来ないようです。これは、安くしてしまうと”獣医師会の儲けが減ってしまうから”だそう。しかし本間獣医科医院は日本獣医師会には所属していません。
その為、独自の料金設定が可能になり、安い料金で提供してくれています。
私たちにとってはありがたいですよね。
出張診療でのワクチン接種には一つ注意点があります。それは、会場で注射済票の発行・手続きができないことです。
これはどうしてかというと、獣医師会に入っている動物病院でのみ「注射済票」は発行してもらえます。
なので獣医師会に所属していない本間獣医科医院での注射済票の発行は出来ません。
ですので、ワクチンを接種した後に自分で役所へ行き手続きをする必要があります。
ちなみに、日本獣医師会への加入は任意で入っていないからと言ってきちんとした医院ではない、というわけではないですのでご安心ください。

ある方法で狂犬病予防接種の予約をすると楽天ポイントやTポイントが使える&貯まる!

先ほどご紹介した本間獣医科医院さん。
なんと楽天市場、またはYahoo!ショッピングで狂犬病ワクチンの接種、診療代金を支払うことが出来ます。

その他のワクチン注射や血液検査なども楽天市場、Yahoo!ショッピングで申し込みが出来ます。画期的ですね!
楽天市場、またはYahoo!ショッピングで決済が出来ると事前に自宅で決済が出来て手軽だし、楽天ポイント、またはTポイントを貯めたり使ったりすることが出来ます。
各社が行っているポイントアップの日に決済を済ませるのが賢い方法ですね!
楽天カードをお持ちの方は毎月5と0が付く日はポイント5倍の日です。
また楽天カードは新規入会特典がかなりお得ですので一枚作っておいて損はないクレジットカードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です